オーフロイデ! ベートーヴェン交響曲第九番〜歓喜の歌の発音とうたいかた〜 実践編 "歓喜の歌"を歌う人のためのドイツ語の発音 声楽家 熊倉 淑

HOME > メディア > オーフロイデ! ベートーヴェン交響曲第九番〜歓喜の歌の発音とうたいかた〜 実践編 "歓喜の歌"を歌う人のためのドイツ語の発音 声楽家 熊倉 淑
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーフロイデ! ベートーヴェン交響曲第九番〜歓喜の歌の発音とうたいかた〜 

実践編 

"歓喜の歌"を歌うひとのためのドイツ語の発音    声楽家 熊倉 淑


 正しい発音は、良い姿勢や良い呼吸法なしには存在しません。いつもからだにしっかり支えられた息のはたらきと、唇や舌の動きの変化によって発音されますので、口先だけで出る音はひとつもないのです。ドイツ語は日本語にくらべますと子音がずっと多いので、横隔膜の作動は日本語の発音よりはるかに必要とされます。発声の技法のうち、正しい支えを習得する方法がいくつかありますが、その中でも大切な方法のひとつが子音を正しく発音することなのです。つまり子音を正確に発音しますと支えが良くなるのです。
 次に各音について「歓喜の歌」のテキストの中から適合する語を抜き書きしますが、その際必ず呼吸や支えを正しくはたらかせながら唇や舌の動きを練習してくださるようおすすめします。なお、発音記号は、ドイツにおける発音学の専門家や、舞台芸術家(声楽家、朗唱家、俳優)、アナウンサーなどのための最高の権威ある辞典、Deutsche Aussprache – siebs–によりました。


母音


 母音には単母音、重母音、変母音、複母音があります。これから個々の母音について、唇の形や舌の位置について説明していきますが、そのときの唇の開きぐあいのめやすとして次の図を見てください。




 aというきっぱりとした音は唇が卵形に開いています。ɛ → e → I → i 、と図の左を上行するにしたがい、唇は上下の間が狭くなり横に張りを増します。図の右は上行するにしたがい、唇は縦に狭くとがってきます。ウムラウトは図の中央です。右の記号の口の形をして左の記号の舌の位置をとります。例えば、œはɔの口の形をくずさないでそのまま舌の位置をɛの位置にします。ɔの口の形でɛというのです。

単母音 a  e  i  o  u

a [aː][a]

 唇はゆるめて大きく丸く開きます。舌の縁は下前歯内側についていて、舌は平らにゆるんでいます。横隔膜の動きと関係をもちながらはっきりと発音します。



つづく
œʊɔɛ
オーフロイデ! ベートーヴェン交響曲第九番〜歓喜の歌の発音とうたいかた〜 もくじ

株式会社ショパン 1997年発行 無断転載禁止

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

全部見る
KAWAI
YAMAHA WEBSITE