ショパン愛と追憶のポーランド

HOME > 出版物リスト > 書籍 > ショパン愛と追憶のポーランド
表紙

ショパン
愛と追憶のポーランド

アルベルト・グルジンスキ/アントニ・グルジンスキ共著 
小林倫子/松本照男共訳

四六判/156ページ
本体価格1,300円+税
ISBN 978-4-88364-241-0


ショパンの手紙や当時の音楽紙・誌の記事、さまざまな資料をもとにポーランド時代の知られざるショパンが今蘇った!!


ともにポーランド生まれの音楽学者であるグルジンスキ兄弟が、ショパンの手紙や当時の音楽紙・誌を精査し、若きショパンを生き生きと描きました。ショパンの音楽の奥底に流れる想いが感じられる1冊です。


もくじ


第一章 プレリュード

第二章 生家ジェラゾヴァ・ヴォラ(ショパンの父親、両親の結婚とフレデリクの誕生、ジェラゾヴァ・ヴォラの由来と経緯、現在のジェラゾヴァ・ヴォラ)


第三章 ショパンの街マルシャワ(ちっちゃなショパンちゃん、シャファルニァでの休暇、ドゥシニキでの療養、高等音楽院にて、サンニキでの夏、アントニンのラジヴィウ公の領地で)


第四章 母国での最後の年


付 ショパンに敬意を表するワルシャワ(ワルシャワ聖十字架教会、ショパンの両親、家族の墓地、ワジェンキ公園内のショパン像、ショパン国際ピアノコンクール)


KAWAI
YAMAHA WEBSITE