歌うドイツ語ハンドブック

HOME > 出版物リスト > 声楽・合唱関連商品 > 歌うドイツ語ハンドブック
歓喜の歌フリガナ付.jpg


歌うドイツ語ハンドブック

歌唱ドイツ語の発音と名曲選

三ヶ尻 正 著 B5判 244ページ 定価(本体1900円+税)

ISBN 978-4-88364-172-7

 

声楽学習者はもとより合唱団などで第9をはじめもっともよく歌われ、読者からの要望も高かったドイツ語による声楽曲を、正確な発音で歌えるように基礎からわかりやすく解説。基礎的な文法やドイツ語の歴史にも触れています。

もくじ

はじめに
本書での発音の表記について
正書法について

第1部 ドイツ語のスペルと発音


 第1章 ドイツ語の発音 初級編
 第2章 ドイツ語の発音 中級編
 第3章 ドイツ語の発音 上級編
 第4章 スペルと発音の関係(まとめ)


第2部 歌唱ドイツ語の伝統と現在〜歌って伝える表現のために〜

 第5章 ドイツ語の「舞台発音」・歌唱発音  
        歌って伝えるドイツ語 ドイツ語「舞台発音」 現代の「舞台発音」・歌の発音
 第6章 ドイツ語のヒントとテクニック
        よりはっきり聴こえる発音のために  
        「伝達のレベル」から「表現のレベル」へ

第3部 ドイツ語をめぐって


 第7章 ドイツ語はこんな言葉
        ドイツ語の文法入門
        実用単語・例文集
 第8章 ドイツ語の音楽用語集
 第9章 ドイツ語の歴史


第4部 ドイツ語の声楽曲・合唱曲名曲選

 第10章 ドイツ語の声楽曲・合唱曲 名曲選

 ドイツ語の歌謡・古謡  「もみの木」 「別れの歌」(「ムシデン」) 「ローレライ」
 
 コラール  「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」「血にまみれ傷だらけの御頭よ」「キリストは死の絆に付かれた」
 バッハ  「主よ、人の望みの喜びよ」「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」「主に向かって新しい歌を歌え」モテット1番
 ヘンデル  『9つのドイツ・アリア』から「戯れる波が」「シオンの娘よ」
 ハイドン  『天地創造』から「天は御神の栄光を語り」 『四季』から「春よ来たれ」
 モーツァルト 「すみれ」『魔笛』から「夜の女王のアリア」 「パパゲーノのアリア」 「モーツァルトの子守唄」
 ベートーヴェン  「君を愛す」 『第九』(「歓喜に寄す)」
 シューベルト  「野バラ」 『冬の旅』から「菩提樹」 「魔王」「ます」「アヴェ・マリア」
 ウェーバー  『魔弾の射手』より「狩人の合唱」
 メンデルスゾーン  「歌の翼に」 
 シューマン  『詩人の恋』から「美しい月、五月に」 「二人の擲弾兵」「流浪の民」
 ブラームス   「子守唄」「ドイツ・レクイエム」
 ワーグナー  「ランホイザー行進曲『ローエングリン』から「婚礼の合唱」
 マーラー 「さすらう若人の歌」から「今朝の原を通ったとき」「復活」
 リヒャルト・シュトラウス 「検定」

参考文献

あとがき



はじめに

人気の高いドイツ語の声楽曲・合唱曲

 クラシックの声楽曲では、イタリア語とドイツ語が二大勢力です。イタリア・オペラはいつも花形で人気の高い分野ですが、その一方でドイツ・オペラやドイツ・リート、それにバッハをはじめとした宗教曲などドイツ語の曲も根強い人気があります。
 日本で一番知られているドイツ語の曲といえばベートーヴェンの「第九」でしょう。年末に各地で歌われているので、クラシック・ファンならずとも知っています。「もみの木」や「流浪の民」を合唱で歌った人も多いのではないでしょうか。
 リートでは「魔王」や「菩提樹」「ます」を書いたシューベルト、「詩人の恋」「女の愛と生涯」のシューマン、それにヴォルフやマーラー、リヒャルト・シュトラウスなどロマン派を中心に幅広いレパートリーがあります。
 ドイツ・オペラも、モーツァルト「魔笛」、ベートーヴェン「フィデリオ」、ウェーバー「魔弾の射手」から、ワーグナーの楽劇、リヒャルト・シュトラウス、アルバン・ベルクの「ヴォツェック」「ルル」、はてはブレヒト(台本)/クルト・ヴァイル(作曲)の「三文オペラ」に至るまで、一大分野を成しています。
 宗教曲ではバッハの「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」が筆頭でしょうけれども、バッハにはカンタータやモテット、「クリスマス・オラトリオ」など200曲を越す声楽曲があり、シュッツやテレマンの作品もあれば、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」やブルックナーの詩篇歌もあります。

やさしい(?)発音ε

 ドイツ語は、文字から音にするのは比較的やさしい言語といえるでしょう。ローマ字的ですし、そうでないところでもスペルと発音の関係がほぼ一定です。フランス語のように難しい鼻母音やリエゾンで泣かされたり、英語のようにスペルと発音がバラバラということもありません。
 しかしその一方で、ウムラウト(ä,ö,ü)やβ(エスツェット)などの見慣れない文字があったり、"ei"を[アぃ]"eu","äu"を[オぃ]と読むなどの特殊なスペルがあったり、あるいは"s+母音"が濁って「ザ行」になるなど、憶えなくてはならないルールもあります。
 さらに、歌詞に込められた内容を深く聞かせようという段階になると、一層厳しくなってきます。ドイツ語圏では「リート」という、詩と音楽が密接に結びついた分野が発展したために、歌詞をより明瞭に、より多彩に聞かせることが重要になりました。イタリア語だろうとロシア語だろうと、歌詞のニュアンスまで表現しようとするのに簡単な言語など一つもないのですが、ドイツ語の発音に対する厳格さは群を抜いていると思います。"e"の文字に[e;][ε][(小文字のeの上下逆)]等何種類もの音があることなど、普通の日本人にはこだわり過ぎに思えるかもしれませんが、ドイツ人にとっては重大問題です。
 またドイツには「舞台発音」という演劇界・音楽会の伝統的な発音体系・教育体系もあります。

 本書の前半、第1部〜第3部(第9章まで)では、こうしたドイツ語のスペルと発音について初心者から上級者までを対象にしたノウハウを綴ってあります。日本人の声楽家・合唱団員にとって難しい発音、見落としがちな発音上の注意点を幅広くカバーしました。ドイツでの舞台発音・歌唱発音の伝統と近年の傾向についても触れてあります。
 後半の第4部(第10章)ではソロや合唱の代表的な曲を取り上げ、一曲ごとに歌詞の発音、逐語解説、対訳を付けました。はじめてドイツ語で歌う方なら、リート・オペラ・受難曲のソロを歌う人まで、楽しみながら学んでいただけると思います。

 本書の使い方ですが、通読でなく興味あるところだけ拾い読みしていただいても結構です。練習の合間や本番を待つ舞台袖で聞いてみる、といった使い方も歓迎です。発音の中・上級編(第2・3章)や舞台発音(第5章)、語学の話(第3部)など専門的で読みにくければ、斜め読みするか、そのうち読むつもりで飛ばしてもいいでしょう。ただ第4部の名曲選はぜひ皆さんに読んでいただいた上で、歌ったりCDを聞いたりしていただきたいと思っています。
 本書がきっかけとなって、ドイツ語の声楽曲・合唱曲がより多く、より深く歌われるようになることにつながれば、著者にとって望外の幸せです。




ご注文や在庫の有無、送料の確認など、お問い合わせは、ハンナ営業部
電話:03-5721-5225 / FAX:03-5721-6226
または下のメニューのお問い合わせフォームよりどうぞ。
なお、お近くの書店や楽器店でのお取寄せも受け付けております。

KAWAI
YAMAHA WEBSITE