ファンタジーオブショパン

HOME > 商品紹介楽譜ファンタジーオブショパン

ショパンが最も愛したマズルカから生まれた珠玉のピアノ曲集

日本で活躍するポーランド出身の若手コンポーザー・ピアニストが、ショパンのマズルカからインスピレーションを得て生み出した9つの“ファンタジー”と、ショパンに捧げる完全オリジナル曲『Letter to Chopin』を収録。

 

ときに情熱的に、ときに繊細にゆらめく音の流れに身をゆだね、イマジネーションのままにあなたのファンタジーを表現してください。(中〜上級者向け)

 

『ファンタジー・オン・ショパン』CD付き
菊倍判/128ページ 定価:本体3,000円+税
作曲:ミハウ・ソブコヴィアク

 
収録内容
1.in E minor
2.in G minor
3.in C minor
4.in C sharp minor
5.in A flat major
6.in C major
7.in A minor
8.in B flat minor
9.in F major
10.Letter to Chopin
 ファンタジー・オン・ショパン
 
作曲者からのメッセージ

これらの“ファンタジー”は僕のオリジナル作品です。ショパンのマズルカのテーマが曲の最初に現われていますが、このテーマは、その後に続く曲全体のイメージを膨らませていくモティーフとなっています。
これらの作品は、いくつかの話が互いに入り混じって、次第に一緒になっていく“夢”のような“ファンタジー”なのです。
そのため、強弱記号やメトロノーム記号といった演奏上の指示は、大体の目安と思っていただければ結構です。皆さんはたくさん想像力を働かせて、自由な表現で演奏して下さい。また、僕は多くの国に旅行をして暮らしてきたために、その影響が僕の音楽には感じられるものと思います。ポーランドの雰囲気だけでなく日本の雰囲気も感じられるでしょうし、マズルカだけでなくジャズやポピュラー・ソングといった他のジャンルの音楽も同じように感じられるでしょう。
技術的な面では、いくつかの和音は手のあまり大きくない方には広すぎるかもしれません。そういった場合には、アルペジオにして演奏しても構いませんし、演奏しやすいように書きかえてもよいでしょう。
僕と一緒にファンタジー・ワールドへの旅を楽しみましょう。

 
作曲者プロフィール
1973年、ポーランドの音楽家の家庭に生まれる。10歳でテレビ番組「Akademia muzyczna (アカデミア・ムジチナ)」に出演しピアニストとしてデビュー。その後、ポーランド国立フィルハーモニー・ホール等多くのコンサート・ホールで演奏し、海外の国際音楽祭にも多数参加する。作曲家、ジャズ・ピアニストとしても活躍。ワルシャワ・ショパン音楽院(現ショパン音楽大学)ピアノ科卒業後、チューリッヒ音楽院研究科留学。アンジェイ・ヤシンスキ、テレサ・マナステルスカの各氏に師事。1995年、フランツ・リスト国際ピアノコンクール(ポーランド)入賞。1996年、フレデリック・ショパン協会(ワルシャワ)より奨学金を得る。1997年、ヨーロッパ・ピアノフォーラム(ベルリン)に出演。2002年、第36回モントルー・ジャズ・フェスティバル(スイス)に参加。現在、福島学院大学教授、尚美ミュージックカレッジ専門学校非常勤講師。ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan、ショパン国際ピアノコンクール in ASIAの審査員を務める。    作曲者写真