月刊ショパンの由来

HOME > ピアノの詩人 ショパン月刊ショパンの由来

月刊ショパンの由来

日本国内でピアノが売れに売れていた1983年ころ大村典子先生のピアノ講座が年間300回も開かれているとの情報を得て雑誌を創刊することになった。
 
社内的にはまとまったものの外部からは「ピアノの雑誌を読む人なんていないよ」という意見もあった。なによりも雑誌のネーミングが問題であった。いくつか候補があがったがぴたりとくるものがない。。
 
そんなこんなしているとき、「ピアノの雑誌なら “ショパン” はどうか」との声があがった。うん? 1日考えてこれ以外にはないなと
 
ちょうどこの年の4月からNHK朝の連続ドラマ「おしん」が始まりたいへんな大当りであった。他にも「ルパン三世」など「ン」で終わるタイトルが当ると何かの本で読み “月刊ショパン” に決まったのであった。(A.N.)
  1.jpg
                                                                                                               <1983年12月に発行された創刊号>